「rummikub(ラミィキューブ)」というゲームのルールが分かりませんわ

実に久しぶりに、ウェブリログへの書き込みでおます。 それというのも、どうしても分からないことがあって、どうにか誰かの知恵をお借りできないかと思って、数ヶ月ぶりに書き込む気になったんでございます。 その分からないことと言うのが、タイトルにある「ラミィキューブ」というテーブルゲームの細かいルール。 4色からなる「1~13」のタ…
トラックバック:2
コメント:1

続きを読むread more

ブログ3本立て

サイトの構築はさっぱりで、そのくせブログをやたらと立ち上げている今日この頃。 今でもこのブログと、「マンガ三昧」というヤツをやっていたのだが、そこにYahooブログを 新たに申し込んだ。 ちょっと調べたいことがあってYahooのは申し込んだんだが、その関係で、そっちばかりを 更新し、他の二つは、ほぼお休み状態である。 仕事でや…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「プリンス オブ ペルシャ」が映画化されるそうな

「プリンス オブ ペルシャ」。 知っている人は知っている、かつてかなりヒットしたアクションゲームである。 当時、まだパソコン及びゲームマシンの性能が高くなかったので、キャラクターの動きは コマ落ちアニメの様な物だった。 そんな中、この「プリンス オブ ペルシャ」は、キャラクターの動きが、非常になめらかで 飛んだりはねたりが、気…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「加護亜依」復活か?

正直、忘れていましたな、この名前。 おそらく、今日は、そこら中のブログで「加護亜依」の事を書きまくっているだろうけど、一応 こういう物には乗っかっておかないとね。 正直な話、「たかが喫煙」したぐらいのことで、芸能人生命が云々されたと言うことに、驚き 呆れたのは、もう1年以上前のことなのか。 勿論、未成年の喫煙は法律違反で、やっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新雑誌「月刊少年ライバル」

講談社から4月4日、新雑誌「月刊少年ライバル」が創刊された。 本屋さんやコンビニに置いてあるので、目にした人も多いかもしれない。 テレビCMなどが盛んに流れていたので、出るのは知っていたが、現物を見てその厚さに 少々驚いた。 同じく講談社から発売されている「アフタヌーン」に匹敵する分厚さである。 いや、実際には「月刊少年ライバ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「キュージョン」の新バージョン

もうかなり前になるが、「キュージョン」という「キューピー人形」と何らかのキャラクターを 組み合わせた商品を紹介したことがあるが、それが今回第3弾の発売で、ついに100種類 になったらしい。 因みに、今回追加されたのは、以下の22種である。 こういった形で、100種類ものパターンを発売するというのは、ある意味凄い。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マンガの映像化

ここ数年、数多くのマンガが映像化されている。 一口に映像化と言っても、「アニメ」もあれば「実写」もある。 基本的に、マンガはそのままオリジナルを読むのが一番良いことに間違いはないのだが、 それでも、それだけだと世界が狭くなってしまうので、映像化というのも世界を広げる手段と して考えれば、十分容認できる事である。 しかし、やはり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

約束事

世の中には、様々な約束事がある。 代表的な物で言えば、「金」と「時間」か。 日本での最高紙幣である「1万円札」を持って、アマゾンのジャングル奥地に住む民族に 渡したところで、ケツを拭く紙にもなるまい。 日本で発行されている紙幣は、あくまで「日本国」が保証している物で、日本国内もしくは 国交のある国に行かない限り、使うことは出来…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

病膏肓に入る

ちょいと久しぶりに、「開運!何でも鑑定団」を観る。 もう十何年も続いている息の長い番組で、当初はとにかく観ていた。 しかし、さすがに同じ事の繰り返しでは面白味に欠けるのも確かで、あまり観なくなった。 今日は、番組改編期の特番だらけなので、他に観たいと思う物がないので、久しぶりに 観る気になったのである。 今回も、お宝自慢が登場…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

野球放送

我が地方には、非常に歴史の古い地元球団がある。 まあ「中日ドラゴンズ」だが、その関係で、本来全国ネットでは違う番組を放送しているのだが 我が地方局は、それを野球中継に差し替えている。 もう、無茶苦茶腹が立つ。 全国的に放送されているのなら、何も問題はない。 野球が好きな人もいるし、テレビの放映料は、野球チームにとっても重要な収…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

NHKBS2で放送の「とことん!石ノ森章太郎」

先週末からNHKBS2で七夜連続放送されている「とことん!石ノ森章太郎」という番組。 夜8時スタートで、終了時間が10時から12時、もしくは翌3時までという、恐ろしい時間帯 なので、一部しか観ることが出来ないのだが、なんだかんだで毎日観ている。 毎回、テーマを選んで「ヒーロー物」「アニメ化された物」「大人向け」等々、ゲストを交えて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

動物の赤ん坊

最近ネットのニュースなどで、動物の赤ちゃんの映像が流されることがある。 いつだったかはパンダ、その前は熊、今日はチータだった。 その映像を見て一言。 「こりゃ、反則である。」 「天才!志村どうぶつ園」という番組には、様々な動物とその赤ちゃんが登場するが、先日来 「青木さやか」が連れている「カワウソ」の2匹の赤ちゃんも、もう反則…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「Hydrocar」というおもちゃ?

「Hydrocar」というおもちゃ(と思われる)を見つける。 もうそのまんま「水素で走る車」である。 ちなみにこんなの。 原理は非常に簡単で、まず「水」を「太陽電池」で「電気分解」する。 中学校の理科の実験でやったと思うが、そうすると「酸素」と「水素」に分解される。 その水素を使ってエンジンを動かし、車を走らせると…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

東京杉並区の中学校でPTA廃止とか

学生の親で構成されているPTAを廃止し、地域全体での取り組みを行うとある。 日本初の試みで、成功するか失敗するかは、始まってもいないのにあれこれ言っても意味が ない。 批判も擁護も、これから様々な意見が出てくるだろう。 「PTA」が形骸化しているなんてことは、もう何年も前から言われていることであるし、勿論 東京という大都会と、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

青年誌のマンガで

一口に「青年誌」といっても、今では一体どれぐらいの数があるのか分からないぐらいある。 最近は、とんと読まなくなっているのだが、通勤電車の帰り、私が立っていたすぐ前の席に 座っているおっさんが「モーニング」を読み出したので、それを後ろから見た。 「モーニング」は、講談社発行の青年誌で、かつては「コミック モーニング」と言っていた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「星つむぎの歌」

「平原綾香」の「星つむぎの歌」という歌に、何やら脳みそを鷲掴みにされる。 休日に、いつものように開店早々漫画喫茶に行ったときのこと。 1時間ほど漫画に集中し、そろそろ一休みという時間帯になって、バックに流れている有線の 曲が耳に入ってきた。 聴いたことのあるような曲もあれば、誰これ?、という曲もある。 そんな中に、何やら、妙に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ザ・ユニバース ~宇宙の歴史~」という科学番組

CS放送の中にあるチャンネル「ヒストリーチャンネル」と言うところで、最近全13話からなる 「ザ・ユニバース ~宇宙の歴史~」という番組が始まった。 「太陽」から始まり、太陽系内の惑星を紹介し、やがて宇宙の誕生から終焉、他惑星の生命 体について等の番組から構成されている。 もう、観るしかない。 恐らく説明される多くの部分で理解な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古本屋の使い方

「ブックオフ」に代表される様な古本屋の使い方は、「いらなくなった本を売る」若しくは、「欲 しい本を安く買う」であろう。 しかし、それ以外にも使い方・・・と言う言い方が変ならば、利点がある。 それは、最近の一般的な本屋で見られる(今回、特に「マンガ」に限定しております)本に カバーをかけて中身が確認出来ない状況の時の、確認作業に使…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

為替相場

ロンドン市場で、ドルが100円を割り込んだ。 12年ぶりの高水準と言う事で、逆にかつて無い程高騰している原油も、円が1ドル100円を 割り込んでくると、かなり安くはなる。 しかし、日本は輸出が非常に大きい経済を形成しているので、輸出の比率が大きい企業は ここ数年で、最も危機感をつのらせる事になる。 石油製品の価格が下がっても、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春眠ではないけれど・・・

どうも最近、睡眠が浅いのか、朝起きるのが辛い。 かつて、若い頃は数時間も眠れば、朝起きてから夜まで眠くならなかった。 それが、ここ最近は、最低でも6時間ぐらい眠らないと、昼間に倒れそうなぐらい眠くなる。 何でしょうなぁ。 やはり、眠りが浅いのか、睡眠のサイクルがうまくいっていないのか、世間一般では、年を 取ると睡眠時間が短くな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more